ちぃぱぱのまいにち・・・

tilipapa.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 03月 ( 63 )   > この月の画像一覧

棚卸準備

明日は、期末棚卸。
そのための準備を少しでも・・・
今日は、それを中心にお仕事。
明日は本番である。

今日は早めに、ゆっくり寝よう。

明日は何時に帰れるか?
目標は午前1時半だ・・・
[PR]
by tilipapa | 2005-03-30 23:49 | 家族の出来事

芸術とは爆発である

岡本太郎デザインのこいのぼりがあった | Excite エキサイト
c0001769_23263119.jpg


う~~ん・・・カッコイイ・・・

岡本太郎氏は
「自分の中のものを爆発させてそれを表現する。それが芸術なんだ」
みたいなことを仰ってたような気がします。
たしか・・・そうでした・・・

「自由勝手に鯉のぼりの絵を描いた。これが泳ぐのだ。さすが、タロー鯉だ、勢いがいいと驚かれた。”鯉のぼり”を五月の節句だけと限ってしまってはつまらない。男の子も女の子も、お誕生日などには祝ってあげたらいいし、また、運動会やお祭りにも、万国旗などよりはるかに楽しい彩りになると思う。大人も、年寄りも、みんな自分自身が空中に飛翔しているような思いで、鯉のぼりをあげるといい。鯉のぼりが悠々と、華やかな彩りで天空にひるがえっているなんて、世界に広げたい夢だ。私もこの原色の鯉のぼりが空に舞っているのを見ると、自分が大空を飛んでいるかのように嬉しくなってしまいます。」

まさにそのとおり・・・この鯉のぼり・・・NYでもLAでも
そして、東京・京都・奈良・・・。どこでも似合う気がします。

そして、人々の目を引くでしょう。
そして、自分の内なるものを爆発させたくなるような気がします。

はっきり言って、欲しくなってしまいました・・・・
[PR]
by tilipapa | 2005-03-30 23:37 | Trackback

生きているから、美しい

富士山は休火山か? | Excite エキサイト

c0001769_2259116.jpg


富士山はいつ噴火してもおかしくない活火山だ。
いまでは、小学生でも知っているだろう。
子供の頃は「休火山」なる言葉で教わったが
山にとっての300年など、取るに足らないほどの「ちょっとした時間」
に違いないから。

ここ、静岡に来て始めて富士山を見たときは凄く感動した。
梅雨の時期で、灰色の雲に黒く浮かび上がる堂々とした影の山。
まさに、自然が作り上げた芸術品。
そして、動きはしないけれどもまさに堂々とした佇まい。
山は生きているのだ・・・そう感じた瞬間でもある。

それから、富士には魅せられ続けている。3年経とうとしているが
全く飽きない。いつも違う表情を見せてくれる。

夏は、緑色になり、雪がかぶると、それはそれは美しくなる。

見るところによっても表情が変わる。
ちょっと離れて見ると、女性のような美しさ
近くで見るとそれは荒々しい男性のようでもあったりする。

この山はいつ噴火してもおかしくない。
しかし、必ず山は予告してから噴火する。
だからあまり心配はしていないのだが
この山が次に噴火したあと、
この山は我々にどういう姿を見せ付けるのだろうか?
[PR]
by tilipapa | 2005-03-30 22:46 | Trackback

人間は自然の一部でしかない

津波で住民の不明者多数 スマトラ沖、救援難航

 インドネシア国軍は29日、スマトラ島西方で28日起きたマグニチュード(M)8・7の大地震で、住宅倒壊による被害のほか、同島西岸のアチェ州南部で津波の被害があり、住民多数が波にのまれ行方不明となっていることを明らかにした。住宅倒壊では、死者が2000人に上る可能性がある沖合のニアス島以外に、同島北方のシムル島で少なくとも25人の死亡が確認されており、被災地域は今後広がりそうだ。

3mの津波、不明者多数 ニアス島3百遺体収容

インドネシア国軍は29日、スマトラ島西方で28日起きたマグニチュード(M)8・7の大地震で、住宅倒壊による被害のほか、同島西岸のアチェ州南部で高さ3メートルに達する津波の被害があり、住民多数が行方不明となっていることを明らかにした。

またまた地震だ・・・。これが余震なのか、全く違う別の本震なのか・・・。
この地震でまた、多数の死傷者が出ている。
なんとも、傷ましいことである。亡くなられたかたのご冥福をお祈りいたします。

人間は自然の脅威から、自らを助けることが出来るのか?
答えはNO、だ。
なぜなら、人間は自然を支配する立場になく
自然によって支配され、擁護されているからこその存在だからだ。
ヒトという動物はあくまで、自然界に住む一種の動物にすぎないから。
違うのは、文明なるものを持っている。それだけ。
その文明も自然なくしては成り立たない。

自然の反対語は文明ではないのだ。文明も自然の一部なのである。

この脅威を避ける方法はないが、人間にはそれに備える知恵があるはず。
その知恵を持って、行動していきたい。
私の住んでいるところでも、いつ巨大地震が起こってもおかしくないところ。
備えをしっかりして、いつか来る自然災害から、身を守っていきたい。

でも・・・この無力感・・・あんまり、感じたくはないんだけどな・・・
やっぱり大地は怒っているんだろうか?
[PR]
by tilipapa | 2005-03-29 21:39 | Trackback

お出かけ

今日は休み。で、天気もいい・・・。

こんな日は遊びに行かなくては・・・・。

今日は久々に西のほうへ行くことにした。
行き先は掛川にある「掛川花鳥園」
初めて行くところ。

放し飼いの鳥たちとふれあえるというのがコンセプトの施設でして
大温室にはベコニアの花がいっぱい。
こどもからお年寄りまで楽しめる施設でした。
鳥が苦手な人は・・・止めておいたほうがいいかも・・・

いきなりインコが肩や頭に乗ってきたりしますから・・・・

c0001769_20141390.jpg

ふくろうを直接触れるイベント?もやってたりします。
c0001769_201526.jpg
ふくろうのショーです
c0001769_20153525.jpg

オオハシに餌もやれます
c0001769_2016335.jpg

撮影距離50cmくらい・・・
c0001769_20165798.jpg

このとき孔雀のそばには人だかりでした。

お昼は温室内で、お蕎麦屋をいただきました。
天もりそば800円。蕎麦湯もついて、まあまあ納得のものでした。

ちぃちゃん・・・ちょっと鳥は苦手のようです。
大きいのはいいみたいですけど、インコは「怖い」と言ってました。
ふくろうやエミュー(どっちも触れる)は可愛いでした。
ショウジョウトキ(赤い朱鷺のなかま)は気に入ったようです。
こどもチャレンジのカメラで、パシャパシャ撮ってました。
c0001769_20263085.jpg


おとうさんは、そこらにいるペンギンに手を出してペンギンに噛まれました・・・

一回りするのに大体1時間半くらい。
料金は大人1050円、幼児は無料です。
片道2時間弱(下道)というのがちょっとネックかな?
ちぃちゃんが小学生になったら、また来て見たいところでした。

それまで、静岡に居れるとは思っていないのですが・・・。
[PR]
by tilipapa | 2005-03-29 19:59 | 家族の出来事

雨の日って・・・

今日は朝から雨。
それも月曜日。

こんな日にカメラ屋に来るのはあまりいない。
と言う事でヒマ。
でも、ぶらっとくる人もいないわけで、そのあたり、成約率は高いのだ。
スリムに仕事が出来る、そういう日。

でも、月末に向けての雑用はいっぱいあるわけで、そのあたりがしんどいところ
期末まであと3日。
明日休みだから、あと2日で期末決算である・・・

これを乗り越えなければ・・・
[PR]
by tilipapa | 2005-03-28 23:53 | 家族の出来事

本当のゆとり教育とは・・・

<世論調査>ゆとり教育「評価せず」65%

 毎日新聞は26、27両日、全国世論調査(電話)を実施した。子どもたちが自ら考え、解決する力を重視してきたこれまでの文部科学省の路線(「ゆとり」教育)について「評価しない」との回答が65%と、「評価する」の24%を大きく上回った。評価しない理由では「学力低下を招いているから」が最も多かった。その一方で、文科省が検討を始めたゆとり教育見直しに対しては、反対や慎重な回答が計56%と、賛成の32%を上回り、性急な路線変更には否定的な声が強かった。
 ゆとり教育を評価しない人に理由を尋ねると、「学力低下を招いているから」29%、「学ぶ意欲の向上に役立っていないから」27%で、二つで過半数を占めた。「自ら考える力よりも、基礎的な学力を育てるべきだから」は18%にとどまり、ゆとり教育の理念より成果への不満が強いことをうかがわせた。「評価する」理由は「単なる知識よりも、自ら考える力を育てるべきだから」が70%と、圧倒的に多かった。
 文科省は「学力向上」のため、学習指導要領(小中学校は02年度から実施)の「全体」を見直す検討を始めている。国語や理数系の授業時間を増やしたり、総合学習の時間を減らす方向となりそうだ。こうしたゆとり教育見直しについては「もう少し成果を見極めるべきだ」が36%と最多で、「反対」20%と合わせると、「賛成」の32%を大幅に上回った


本当のゆとり教育とは、子供たちに「自ら考えて、行動・勉強することの楽しさを自覚してもらう」。そのための「きっかけ作り」をすることだと思う。

今の教科書などを見ると、ただ単に学習内容を削っているだけ。それだけである。
それでは、ゆとりなど生まれる筈もないだろう。

詰め込みと言われる中でも、この「ゆとり教育」はできるはずだから。
その「考える事の面白さ、探究することへの面白さ」を感じさせる授業をすれば、いいだけの話なのだ。

つまり、ゆとり教育を潰した一番の原因は「教員の質」にあるのではないだろうか?
教員は子供の頃「考える楽しさ・探究する楽しさ」を感じて育ってきたのか?
そして、それらを子供たちに伝えようとしているのか?
そこを疑問に感じてしまう。

きっかけはなんだっていいのだ。
本でも、教科書でも、ネットでも、野外での遊びの中でも・・・
受身になるのではなく、こっちから向かっていく。
そういう姿勢を褒めて、伸ばせばいいのだ。
探究心はどこに向いてもいい。
文学でも社会学でも、数学でも物理でも、天文、考古学でも・・・。
スポーツでもなんでもいいのだ。

反社会的でなければ、それを否定することは出来ないのだから。大人は、子供たちが健全に育っていく環境を整備すればいい。その前に大人が健全にならなければならないが・・・

自分の子供にはいっぱいそういうきっかけを作ってあげたい。
子供は無限の可能性を秘めている。
自分だって無限の可能性を秘めているだろう・・・
ただ、その引き出しに失敗しているのだが・・・。

自分は子供の頃いろんなものに興味がありすぎるくらいで、
学校の試験に役に立たないことばかりやっていたような・・・
そのおかげ?で、とりあえず社会科、理科、算数・数学は
そこそこの成績が残せたのであるけれども、
それはいろいろなきっかけとの出会いが、あったからこそだと思っている。
そういう点では、自分の両親には感謝している。

 考えることの楽しさへのきっかけ作り 
自分の子供にはその努力は惜しまないつもりである。
[PR]
by tilipapa | 2005-03-28 22:55 | Trackback

忙しいわ・・・

今日も忙しい・・・
何とか前年クリアは確実になったけど
それにしても、後半の追い込みはきつかった・・・

それに期末棚卸もあるし・・・

次の休みは何しようかなあ?

春休みだし・・・ちょっとどこかに出かけようかな?
[PR]
by tilipapa | 2005-03-27 23:31 | 家族の出来事

しまじろうの付録

こどもチャレンジである。
うちは4月生まれということもあって、こどもチャレンジは一年早いのをとっている。

とりあえずもう5歳になるからね。でも、成長度合いは学年平均である。
もはや数ヶ月のアドバンテージはないのだ。
環境によるから仕方ないのだけれど、身体も大きくないし。

で、このこどもチャレンジ。毎月いろんな学習玩具があるのだが・・・
今月はカメラである。
まあ、おもちゃのカメラなのだが、これがまた面白そう・・・。

ちゃんと撮れるカメラだし(構造は写ルンですと同じ)、
なんと、接写用レンズ内蔵。
お日様マーク付きで、ちゃんと撮れるよう工夫もしてある・・・

こどものおもちゃにしては勿体無いくらいのものだ。

面白く使えば、きっと面白いに違いない・・・。

コニカのフィルム付き。

今度、おとうさんも使わせてもらおうかな??

c0001769_23483571.jpg

[PR]
by tilipapa | 2005-03-26 23:40 | 家族の出来事

今日の馬鹿ども・・・

<神奈川県警>巡査部長がウソの補導報告 停職処分に
自分の成績を上げるためだったようです。営業マンなら同情も出来ますが・・・
停職6ヶ月・・・彼はもう居れないでしょうね・・・。

児童の成績控えなど盗難 教諭がパチンコ中に
読んで字のごとく。そのまままです。

<税金着服>町職員が230万円 福岡・鞍手
徴収して、そのままポケットに入れたそうです。ほとんど返しているようですが・・・

<傷害>厚労省職員を逮捕 埼玉・川口
酔っ払って、暴れました・・・・

隠し撮りで巡査部長逮捕 岩手県警、傘の柄にレンズ
バレバレ・・・だったみたいです・・・。46歳にもなって・・・。
この傘を作成している時はどんな気持ちだったのでしょうか?

今日一日の馬鹿どもです・・・こんだけあった・・・。
[PR]
by tilipapa | 2005-03-26 23:26 | Trackback